勤怠管理システムは意外と原始的で

###Site Name###

勤怠管理システムとは、どんな企業でも使っています。


システム、といってもコンピュータであるわけではなく、紙での記帳のところもあります。

要するに勤怠管理が出来ればよいわけであり、制度化しているのてあれば、システムと言えます。

しかし、コンピュータでやった方が確実ですし、公正でもあります。打刻を自動でやってくれるタイプが一時期流行して、今でも使っているところが多いです。今では更にコンピュータ化が進み、勤怠管理システムとして、クラウドを活用しているところも増えています。クラウド、とは最近になって、注目されているシステムの考え方であり、ネットワークを使って、どこからでもアクセスできるようなシステムや計算リソースのことです。



これを活用して、現場からでもタイムカードに自分で記録ができるようにするとよいです。



勤怠管理システム自体が利益を生み出すことはないですが、非効率的な行動をさせない為にも、従業員の一種の監視行為として、導入する価値はあります。

今探すならこちらのはてなブックマークならお任せください。

言い方は悪いですが、従業員の統制、と言う意味では重要なシステムであると言えます。

但し、出先からのクラウドシステムにアクセスさせるには、どうしても端末が必要になります。

個人で持っている人もいるでしょうから、そこまで問題ではないですが、それを企業が期待して、使わせることにはやや難があるのです。

クラウドシステムで勤怠管理を出先でやらせるならば、端末は支給するか、手当てを出すことです。