タイムカードも日々の進化が著しい

###Site Name###

タイムカードとは、時間を記録する装置です。

装置といっても、紙であることもありますし、口頭で伝えて、チェックを入れるだけのこともあります。



一気に物凄く便利になったのが、打刻を勝手にやってくれるタイプのタイムカードです。



大抵の場合は、上部にカードを入れるところがあり、タイムカードに時刻が設定されていて、入れるとその時間を刻んでくれます。これによって、何時に入れたのかがはっきりとわかります。

勤怠管理に使うものであり、退社の時にもこれを使うことになります。

こうした技術はどんどんよくなっています。

今では指紋でやれるような機械もありますし、また紙のカードでなく、IDカードであることもあります。使い勝手に関してはよくなっていることは確かであり、インターネット回線をしようした出先からの連絡、打刻もできるようなシステムもあります。

意外と重要なのが問題なく、打刻できるか、という一点であり、それは公平である必要があります。
1分、2分の遅刻は昔ながらのタイムカードですと内部の時計が実際の時間とはズレている所為で起きる場合があります。

しかし、コンピュータを使っているタイプですと時間が正確です。

これが公正に繋がることであり、従業員の士気に関わってきます。

誰々だけが不正的なことをしている、と言うのは従業員の士気を下げますし、会社的に問題があります。

T-SITE関連情報を紹介しています。

それとコンピュータシステム化するのはよいですが、内部データを触れる人は限定しておくことです。